政経倶楽部が綴る政治や政策提言

yoshida政経倶楽部千葉県支部設立記念講演会

平成22年10月14日 於:ホテルニューオータニ幕張

■講演 吉田平 政経倶楽部連合会千葉県支部長・副理事長

「今こそ政経一体でこの千葉からこの国を良くしてゆく志を!」

 政経一致で日本を良くしていこう。この思いで6年半前、政経倶楽部を立ち上げ、約70社のメンバーと活動してきた。そして今回、政経倶楽部のメンバーから千葉県の知事を出していくという志のもと、千葉県支部を設立した。

千葉県の人口は620万人。予算の規模、その力でいえばデンマーク一国と同じ規模の県だ。千葉県には農業、工業、漁業、観光、いろいろな産業があり、都会もあれば田舎もある。まさに日本の縮図だ。千葉県を政経一体となって良くすることができれば、モデル県として、日本を創生できる。

 私の母方の祖父は陸軍の軍人だった。父方の祖父は千葉の房洲の商売人だ。商売の血筋で、私は経営者となったが、軍人としてこの国を守ってきた祖父の血もついでいる。自分自身の事業ももちろん大切だが、公のために自分を賭して努力していく。この国の未来の子どもたちのためにこの国を創生したい。

1年半前、私が知事選にチャレンジした経験も踏まえて、経営者の中から、千葉県トップを是非出したい。千葉県支部で、共通理念、共通の思いで活動できる仲間を是非広げていきたい。ご協力よろしくお願いします。

コメント

コメントを受け付けておりません。