政経倶楽部が綴る政治や政策提言

政経倶楽部連合会千葉県支部第2回例会 2010年12月22日(水)

ホテルニューオータニ幕張

林英臣政経倶楽部連合会主席顧問・日本政経連合総研理事長

経営者のための「東洋思想入門講座」 第2回 聖徳太子と『憲法十七条』

kantake■挨拶 寒竹郁夫 理事長

 今日、経済産業省に行った。田嶋要経済産業大臣政務官らと「メディカルツーリズム」をテーマに30分ほど懇談した。アジア進出を展開している北原脳神経外科病院の方も一緒だった。

私は、「これからは積極的に医療をアジア向けにグローバル展開しなければならない。医療産業こそが、他の産業の牽引力となる。今、医療のスタンダードを作らないと韓国に負けてしまう」と話した。

 韓国はすごい。国家戦略がある。国と民間が一体となっている。IMF傘下というピンチ後、がらっと変わって政治家と民間一体で、産業、経済を活性化させようとしている。

 それに比べて、日本は、ばらばらだ。政治と民間と官僚が別々の方向を向いている。それを一つの方向にしなければ、ほんとうにこの国はだめになる。

 田嶋議員は、本日参加予定だ。当会は、政府中枢にいる現役の国会議員とこういう話ができる会だ。政府、民間、官僚の三者が一体となって、戦略を考え、地域を活性化し、自分たちの会社も活性化させる。そういう具体的な会にしていきたい。是非、皆さんも、当事者として参加してほしい。

コメント

コメントを受け付けておりません。