政経倶楽部が綴る政治や政策提言

政経倶楽部連合会千葉県支部第3回例会 2011年1月26日(水)

ホテルニューオータニ幕張

林英臣政経倶楽部連合会主席顧問・日本政経連合総研理事長

経営者のための「東洋思想入門講座」 第3回 老子と『道徳経』

kantake■挨拶 寒竹郁夫理事長

先週末、中国の大連に行ってきた。現地国立医科大学の歯科誘致のコンペに参加するためだ。米国、韓国、中国の強豪を相手に日本代表としてプレゼンを行った。

その際の驚きは3つ。

まず自由度。民間企業が国立大学に対しプレゼンできるということ。しかも共産党幹部の前でだ。

次に莫大な市場。医科大学の学生数は1万3千人、付属病院は3つ、その年間延べ患者数に至っては100万人。つまり100万人の市場がそこにあるということだ。

そしてスピード。中国では「12月の話は12月中に決着しろという話、待っても1月中に結論だ」

スピード、自由度、マーケットの大きさがすべて日本の100倍の感覚だ。

このままでは日本が、グローバルな時代の中で埋没してしまう危機感を感じた。

今こそ政治家、官僚はもちろんのこと、我々民間こそが一丸となる時だ。

そして突破口を開くことが出来るのは政経倶楽部だ。ぜひ具体的なものをこの会から発信させたい。

その為にはバックボーンが重要。林先生の講話でしっかり学んでほしい。

先ほど、吉田平千葉県支部長より、「歴史を改革する当事者になろう」という話があった。

ぜひ皆さんで想いを共有して実践に移してほしい。

コメント

コメントを受け付けておりません。