政経倶楽部が綴る政治や政策提言

政経倶楽部連合会千葉県支部第4回例会 2011年2月23日(水)

ホテルニューオータニ幕張

林英臣政経倶楽部連合会主席顧問・日本政経連合総研理事長

経営者のための「東洋思想入門講座」 第4回 吉田松陰と『孔孟剳記』

kantake■挨拶 寒竹郁夫理事長

うちのグループは中国で、一気に4店舗同時展開の計画(歯科クリニックを上海・北京・大連の3箇所、上海の歯科技工所を買収)を進めている。

その過程で日本の農産物を中国に輸出しないかという話が出てきた。早速、行政や詳しいと思われる政治家を訪ねた。

しかし欲しい情報を得ることができなかった。今考えてみると当たり前だ。政治家や官僚は動きもせず、真剣でもない、

従って集まるのはありきたりの情報(インフォメーション)のみ。

本気で具体的に行動しなくては一級の情報(インテリジェンス)は集まらない。

中国では色々な情報が錯綜し農作物の件は失敗のリスクがある。

しかし真剣に行動することで、情報の確度や鮮度が高くなっていくはずだ。

自らが動きそこで得た生きた情報をもとに事業展開していく。 

日本再生を本気で考えている会は日本広しといえども他にはない。

将来的にいい情報、いい人材、資金が我々政経倶楽部に集まり、何年後かに起こる本質的な改革を実現できる唯一の会だと思う。

 今日のテーマにもある吉田松陰というのは明治維新の起爆剤になった人だ。

 松蔭の松下村塾のように人材を育て、集まる会にしていきたい。

コメント

コメントを受け付けておりません。