政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人政経倶楽部連合会第74回例会 

2011年2月3日於:ルポール麹町

青山社中(株)筆頭代表(CEO)秀明大学客員教授 朝比奈一郎氏

kantake■挨拶 寒竹郁夫理事長

昨日、千葉市の歯科医師会に行ってきた。

集団検診を民営化すれば、5000円のコストは3分の1に、受診率は5%であるものが30%くらいに高まり、

市民(受診者)、行政の双方に大きなメリットがあることを訴えてきた。

このことが、今だ実現していないのはなぜか。

それは歯科医師会の面子、行政の前例等、既得権の壁だ。

業界を問わず、この国のいたる所で同じようなことが、日常茶飯事に起こっている。

いまこそ根本的に仕組みを変えないといけない。

そのためには体を使うか、知恵を使うか、お金を使うかしかない。

政経倶楽部メンバーは経営者の集まりなので、お金(浄財)を集め、正しく使うことが重要だ。

月会費が1万の会社が150社で、月150万、年間1800万のお金が集まる。

月10万であれば、年間1億8千万の資金。戦略をねり、正しい方向に使えれば、100万になるかもしれない。

その場合は18億のお金が動くことになる。

政経倶楽部は会員数も増え続けている。今言ったことが実現すれば、世の中を変える団体になることも夢ではない。

それを具体的に進めていきたい。

今日の講師の朝比奈氏は、人脈も、理念も、実践していることも政経倶楽部と非常に近い。

今後、全面的に協力体制をとって、日本創生のために活動していきたい。

コメント

コメントを受け付けておりません。