政経倶楽部が綴る政治や政策提言

yoshida■2011.4.27 挨拶 吉田平 千葉県支部長

 今回、山田宏 日本創新党党首 前東京都杉並区長に講演をお願いするにあたり、

あえて「杉並改革とリーダーシップ 行革成功の要諦」という内容で講演をお願いした。

 過去の日本には、徳川時代、松山藩に山田方谷という藩政改革によって藩財政を大借金から再建し、

地域を良くしたという名士がいた。近代において日本で同様のことを成し遂げたのは、

私は山田さんではないかと思っている。

 今回は是非、山田さんの事例を千葉支部で学びたいと思い、お招きした。

 千葉支部は、経営者の仲間と東日本大震災の被災者支援の一環として就職支援プロジェクトを立ち上げた。

支援には様々な方法があると思うが、私ども経営者としてできることは被災地の方の雇用を創出することだと考え、

この度、千葉市と仙台市後援のもと、仙台で第一回目の説明会を開催する。

多くの経営者が集まって実際に就職支援の説明会を開催するのは、初めてのケースではないか。

 政経倶楽部は、単なる勉強の場ではない。

経営者が自ら行動を起こして、自分たちの考えを具体的なものにしていくことが、一番大事である。

それを体現したものとして、被災地の就職支援のような活動をするということを、

皆さまに知っておいていただきたい。

コメント

コメントを受け付けておりません。