政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人政経倶楽部連合会第98回例会

平成25年2月14日(木):ルポール麹町

■講演 大野元裕氏 参議院議員・前防衛大臣政務官(民主党)

「よくわかる!世界の中の、中東と日本」

 

■吉田平理事長 挨拶

 本日は、大野元裕参議院議員にいらしていただいた。「よくわかる!世界の中の、中東と日本」と題して、大野先生へ講演依頼したのは昨年12月で、もちろんアルジェリアの人質事件の前だ。奇しくも今日はその事件の話も含めて、勉強できることになった。大野氏は中東を知り抜いている方だ。現場を熟知している方の話を伺うことは、経営者としての日々の様々な判断につながっていく。

実は、これまでも東京例会ではタイムリーな講師の方々をお招きできている。過去においては、長島昭久衆議院議員の「中国の台頭と日本の安全保障」の講演直後に、尖閣諸島の中国漁船衝突事件が起こった。また、昨年3月には自民党の石破茂衆議院議員に「日本創生への道」と題して講演いただいたが、その後、氏は自民党総裁に立候補され、現在、幹事長として大活躍されている。今、お呼びしようとしても、なかなか難しいと思う。

 そんな中、4月の100回記念例会では、野田前総理に講演いただく予定だ。おそらく総理辞職後、初めての講演になるのではないかと思う。是非、大勢お集まりいただきたい。

コメント

コメントを受け付けておりません。