政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人 政経倶楽部連合会 設立10周年記念例会(第114回)

「政経倶楽部~これまでの10年、これからの100年」

平成26年6月14日(土):ルポール麹町

■講演 林(はやし) 英(ひで)臣(おみ)氏 政経倶楽部連合会主席顧問・日本政経連合総研理事長「政経倶楽部の原点(げんてん)・大局(たいきょく)・本氣(ほんき)・徹底(てってい)~経営者に求めるもの」

■挨拶 吉田 平 理事長

本日は、政経倶楽部10周年記念例会に、中小企業経営者の方を中心に100名を超える皆さまにお集まりいただき、大変ありがたく思う。
ご来賓には、田嶋要衆議院議員、熊谷俊人千葉市長に出席いただいている。懇親会からは、野田佳彦前総理、長浜博行参議院議員、小西洋之参議院議員も出席くださる予定だ。

当会の発起人は、野田前総理、寒竹郁夫ファウンダー、坂間明彦専務理事で、
3名は県立船橋高校の同窓生だ。
「政治家と経済人、政経一体でこの国をよくしていく会というものがないよね、だったら作ろう」ということで立ち上げ、活動の3本柱を「学ぶ、伝える、育てる」として、満10年、東京例会としては、本日114回を迎えた。
おかげさまで、現在、千葉県支部、大阪支部、九州政経倶楽部、名古屋支部と展開しており、新たに10月には広島支部設立の広がりとなってきた。

経営者の皆さんは、事業経営の日々の中で、家族や従業員を幸せにし、日本の経済発展のために尽力し、それをずっとつなげてやっている。
これは、本当に大変なことではないかと思う。
今日は皆さんと共に、日本がよい国になっていくための本物の行動に向けて、100年先をにらんで、次の歩みへ新たなステップとなる例会にしたい。

本日は、まず、私たちの精神的支柱である林英臣先生に基調講演をいただき、その後、谷口郁子東京支部長をファシリテーターとして、林先生、寒竹ファウンダー、坂間専務理事、私の5名で「政経倶楽部~これまでの10年、これからの100年」と題したパネルディスカッションを行う。ここで、会場の皆さんといろいろ意見交換をしていきたいと思っている。
皆さんお一人お一人にとって、実りある時間となればと願っている。
きょうは、ほんとうにどうもありがとうございました。

コメント

コメントを受け付けておりません。