政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第121回例会
平成27年1月8日(木):ルポール麹町

■講演 山田 宏 氏 前衆議院議員 元東京都杉並区長
「日本よい国」構想2015~誇りを持って自らの天分を活かせる国へ

■吉田平理事長 挨拶
あけましておめでとうございます。年初の例会に多数ご参加いただき有難い。
昨年末に衆院選挙があった。当会としては特定の政党の応援はしていないが、日本に生まれ、日本の経営者として事業活動をしている者として思うことは、日本の国柄を大事にしていく政党、政治家を支持したいということだ。
その意味で、本日は最もふさわしい政治家である山田宏氏をお招きしている。
厳しい選挙結果であったが、山田氏には日本の一翼を担っていただきたい。
日本の国柄を語れる政治家がいなくてはならない。また、私たち経営者も、それをどのように伝えるか学んでかなくてはならない。
本日、林英臣政経塾から多数ご参加いただいている。よい政治家を経営者が育てていく国にしていきたいと思う。

■谷口郁子(たにぐちふみこ)東京支部長 挨拶
あけましておめでとうございます。今年初めての例会を華やかに皆様と開催できることに感謝申し上げる。
英国の経済誌、ロンドンエコノミストによると、今年は世界的に不機嫌な年になるそうだ。なぜか。日中問題、ロシアファクター、また、米国のシェールガス、シェールオイルの好景気がいつまで続くかということもある。日本人の私としては、第三の矢はいつ飛ぶのかに注目している。
本日は今年初の例会ということで、ビックゲスト、山田宏氏をお迎えした。本日、1月8日は山田氏のお誕生日でもある。政治家生活30年である57歳のお誕生日に、ご講演賜る好機に感謝したい。
前述のロンドンエコノミスト誌には、「日本は日出づる国、ライジングサンの国である。ところがライジングタックスの国だ」とも書いてある。
山田先生には、「より少ない税金でより良い政治を」というモットーがある。今日は、そのあたりのお話も伺えることを楽しみにしている。
私ごとだが、本日は、弊社イムノグループの創立記念日でもある。
林先生から学ばせていただいたカムナガラ(尊い働きそのままで・ありのまま素直に)の精神で、27年目を迎えた会社と共に成長したい。
今年も、ご一緒に「学ぶ・伝える・育てる」で参りましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。