政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第127回例会
平成27年7月2日(木):ルポール麹町

■講演
SOLAIREソレア
ブルームベリーリゾーツジャパン(株)代表取締役社長   北條 猛 氏
ブルームベリーリゾーツ(株)企業開発部長   ジェイソン・ディーン氏
ブルームベリーリゾーツ(株)ジャパンデスク       桐山満啓 氏
「日本でのIR開業の魅力」
※IR=Integrated Resorts カジノを含む統合型リゾート

■吉田平理事長 挨拶
本日は、IR(統合型リゾート)の世界的オペレーター、ソレアの気鋭の経営陣をお招きした。始まりは今から4年前、寒竹ファウンダーと会員のフォルムの松本社長と幕張ワールドビジネスガーデンから千葉の海を見つめていた時のこと。「マリンスタジアムはあるものの海は真っ暗」、「こんなにいい場所なのに海を活用していない」「是非IRを幕張に誘致しよう!」と3人で盛り上がった。
政経倶楽部は単なる勉強会ではない。行動に意味がある。
当時、IRの候補地として大阪、北海道、沖縄の名前が出ていた。我々はマイナスの立場からIRの勉強を始めた。その活動の中で今年3月に、マニラのIRも見学し、ソレアとの出会いがあった。ただ単にお金さえ儲ければいいのではないというソレアの理念にも共感し、本日、ご講演をお願いした次第だ。
IRは、文化面も含めて経済的に、日本を新たなステージに向けていく好機となる。是非、皆さんと共に学んで、行動して行きたい。

■谷口郁子東京支部長 挨拶
当会10周年記念出版、『経営者のための「日本の心」入門講座』が完成した。先月、東京千葉合同例会でお披露目し、会員の皆様にはご送付済みだが、大変好評を博している。是非、多くの方々に広めていただき会員増加につなげたい。
本日は、IRについてのご講演だ。私はまだまだ勉強不足だが、これまでに、世界各地のIRに足を運んでいる。次はマニラにも是非行きたい。
IRはあくまでもコミュニティ、まちづくりの一環になるのではないかと私は思っている。ソレアは、拝金主義ではなく、あくまでもパートナーを求めて共に活動することを願っているとのことで、今日のお話は大変興味深い。
今日も、皆さんと共に多くの学びを頂けることを楽しみにしている。

コメント

コメントを受け付けておりません。