政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第153回例会
平成29年9月7日(木):ルポール麹町
■講演 松沢 成文(しげふみ) 氏 参議院議員 無所属 神奈川県選挙区
「江戸城天守閣再建計画~東京と日本の再生に向けて!」

■吉田平理事長 挨拶
本日は、夜の例会ということで、講師に松沢成文参議院議員をお招きした。
皆さんのお手元に日経新聞記事(8/26)をご用意した。
「新党に向け協議へ。若狭・長島・松沢・細野の4氏」という見出しだ。
“国会議員は5人集まれば新党をつくれる。「数が多ければいいわけではない。規模にこだわらず、理念や政策で一致できる人が集まる政党にしたい」”とある。
松沢議員は、新党結成、政界再編のキーマンとして大変注目されている。
実は、政経倶楽部では、講師の方への講演依頼は半年ほど前にするのだが、きょうはまさにタイムリーなご講演となった。本題とは別に、新党構想についても、ここだけの話として存分にお聞かせいただければと思う。
私たちは、「政経一体でこの国をよくしたい」との思いで研鑽を続けている。きょうは初参加者の方も多い。是非、ご一緒に行動していければと思う。

■谷口郁子(たにぐちふみこ)東京支部長 挨拶
きょうは、松沢成文参議院議員にご講演いただく。
私は、神奈川県知事時代から応援しており後援会にも入っている。後援会では、松沢先生はいつも大人気だ。
政経倶楽部でのご講演は、今回で4回目になる。
これまでに、『政治家の要諦』『二宮尊徳の遺訓』『憲法改正』をテーマに、毎回熱くご講演いただいた。また、昨年12月の例会懇親会(森本敏氏ご講演)、今年4月のワイン会式例会にもご参加いただいた。
きょうは、ご講演としては3年ぶりだが、『江戸城天守閣再建計画』という、大変夢のある壮大なテーマで楽しみにしている。
今日も、学ぶ、伝える、育てる、の精神で、ご一緒に学んで参りましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。