政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第155回例会
平成29年11月2日(木):ルポール麹町

■講演 山田 宏 氏  自由民主党 参議院議員 (全国比例区)
「なぜ、今 憲法改正か」

■吉田平理事長 挨拶
本日の講師は、お馴染みの山田宏参議院議員だ。毎回講師の方への講演依頼は半年ほど前にするのだが、今回は絶好のタイミングでのご講演となった。
10月22日衆議院総選挙は自民党の圧勝で、自公連立与党で憲法発議に必要な三分の二の議席を獲得した。そして今度の日曜11月5日トランプ大統領初来日という好機で、山田先生から憲法改正をテーマにお話が伺えるのは幸運だ。
さて、皆さんは今回の総選挙をどう感じたでしょうか。「大山鳴動して鼠一匹」という諺がある。前触れの騒ぎばかり大きくて結果は、たいしたことは何もなかった、という意味だがまさにその通りではないだろうか。
前原代表の大決断を受けて、多くの民進党議員は、希望の党から出馬した。
そして、いわゆる“排除”組は立憲民主党、あるいは無所属で出馬した。結果、希望の党は失速し、立憲民主党が野党第一党になった。
個人的には、林塾3期生塾士の田沼隆志元衆院議員が出馬できなかったことが残念でならない。天の試練と受け止めて研鑽を重ねてほしい。
もちろん私も、日本創生に向けて、今日の学びを実践に生かしていきたい。

■谷口郁子(たにぐちふみこ)東京支部長 挨拶
山田宏先生には、昨年も11月の東京例会、朝食会でご講演していただいた。2年続けて1年最後の朝食会を締めていただけることはたいへん光栄なことだ。
昨年は、例会前日に、“米大統領選挙でトランプ氏当選”のニュースがあった。興奮さめやらぬ翌朝に聴いた山田先生の、「トランプ大統領誕生を、日本が自立国家に向けて歩む好機としよう」という言葉が印象的だった。
先生が参院議員になられて1年余。先生は「日本の国益と尊厳を守るため」をモットーに鋭い国会質疑で政策を具体的に前に進めていらっしゃる。
このたび自民党での新しいお役職、「安全保障と土地法制に関する特命委員会・委員長代理」にも就かれた。中国資本による北海道の土地買収問題などにもメスをどんどん入れていただきたい。
私は、岡田幹彦先生の「西郷隆盛」のご講演を聴いて以来、西郷と山田先生が重なって感じられるようになった。明治維新で西郷が国の舵取りをしていったように、山田先生にも日本の舵取りを皆が期待している。

コメント

コメントを受け付けておりません。