政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第159回例会
平成30年3月1日(木):ルポール麹町
■講演 武藤 正敏 氏  元・在大韓民国特命全権大使 外交経済評論家
「緊迫する朝鮮半島情勢と日韓関係」

■挨拶 吉田平 理事長【私と3つの基本理念】
「当会の3つの基本理念(共生文明の創造・高徳国家の建設・公益経済の確立)を事業経営にどう生かしているか」、これについて本日はお話したい。
私はバス・タクシーのグループ企業(創立52年、従業員350名、売上30億円)の二代目経営者だ。創業理念は「お客様のために我々はどうするか」。経営理念は「人が移動したいというニーズに対して安心して快適なサービスを提供することを通じて社会に貢献すること」。事業領域は、「人の移動」を徹底的にやることとした。夢は、千葉市幕張に路面電車(LRT)を運行させることだ。
当会で私は、林英臣主席顧問から、経営理念そのものの意味づけを学んだ。それは、“単なる会社の軸だけではなく国是と社是を重ね合わせる”、つまり、
“自社の経営理念を日本がよくなる方向性に合わせていこう”ということだ。
①相手を認め合い互いに必要としあう「共生文明の創造」を目指します。
人と人の交わりの最初は“挨拶”だ。弊社のグループビジョンは「人を信じ“挨拶”を大切にする日本の心を働く人々の幸せとともに広げ、地域にそして社会に貢献します」。“挨拶”というキーワードで、会社、家族、地域、ひいては、日本がよくなることを実現したい。
②国民のレベルを向上させる「高徳国家の建設」を目指します。
トップの思いを、社員一人一人の意識へ繋げることが重要だ。そこで弊社はバスに「日本一挨拶を大切にするバス・タクシーのグループ会社」と書いた。社長の思いが社員に薫化されていく、オンリーワン企業を目指している。
③世のため人のために働ける「公益経済の確立」を目指します。
5年前、東京・成田間1000円での運行バスを始めたが、1年後にJRから、「共にやりませんか」と声がかかった。おかげで現在、八重洲7番乗り場から、1日140便、4000名ものお客様(5割は外国人)に喜んでいただいている。

■挨拶 谷口郁子 東京支部長
本日は、朝鮮半島問題の第一人者、元在韓大使の武藤正敏氏をお招きした。氏は外務省勤務40年、うち12年を韓国で過ごされた。今、テレビやラジオ等メディアで引っ張りだこだ。お優しい口調で、本質を一言でズバッと斬られる。平昌五輪で北朝鮮美女応援団は「統一の日に会いましょう」と手を振っていた。ざわざわするような動きがどこにあるのか。今日の武藤氏のお話が楽しみだ。

コメント

コメントを受け付けておりません。