政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第169回例会
平成31年1月10日(木):ルポール麹町

■講演 林 英臣 氏 政経倶楽部連合会主席顧問・日本政経連合総研理事長

明治維新以来、日本に溜まった5つの歪みを正す
国家150年の計と【新日本創成論】

■挨拶 吉田平 理事長
新年初の1月例会で、今年も林先生にご講演を賜われることは大変有難い。
今日は、明治維新以来150年の問題点を把握し、それを日本創成に生かす、というお話になるかと思う。
私は、猪年で今年還暦を迎える。12年前の猪年2007年には阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件が起こった。リーマンショック(2008年)のきっかけとなる米住宅バブル崩壊も12年前、2007年の猪年だった。
本日はのちほど野田佳彦前総理もご参加下さる。ご存じの方も多いと思うが、林先生と野田前総理は松下政経塾の1期生だ。また今日は、現役の松下政経塾生も初参加されている。林塾の塾士の皆さんも4名参加されている。
当会も今年15周年を迎え、新たな段階にしていかなければならないと思う。
特に、政治家を育てていくという分野においては、春の統一地方選、夏の参院選もあり、皆さんと相談しながら、これぞという仲間の応援をしていきたい。
仙台支部立ち上げも、今年こそ実現したい。

■挨拶 谷口郁子 東京支部長
平成最後の新年。今年もまた、新年に林先生をお迎えでき大変嬉しい。
1月には道標として、林先生のお話を伺わないと1年が始まらない。
さて、私ごとだが、弊社は平成元年1月8日創業、今年30周年を迎えた。
平成の時代を駆け抜けた経営者の一人として、感慨深く新年を迎えた。平成は、昭和の時代のつけを返すべく時代だったのかと思う。経営者として平成を駆け抜けてきたことは、けっして易しいことではなかったが、政経倶楽部での皆さんとの学び、林先生からの教えを糧に頑張って来られた。
今年5月には元号が変わり、新しい時代を迎える。私も、猪年の年女だ。
猪の話はさておき、9のつく年は中国で大きな事が起こる年だという。1989年には天安門事件があった。2019年の今年も何かがあるだろう。
林先生の今日の道標のお話を聞き、いろいろな学びを頂き、今年も乗り切りたい。今年も皆さんと共に、学ぶ、伝える、育てる、の精神でまいりましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。