政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第175回例会
令和元年7月4日(木):ルポール麹町

■講演 小林 興起(こばやしこうき)氏
自由国民党代表 元財務副大臣 元衆議院議員

「日本型資本主義を取り戻し 経済大国を再現しよう」

■挨拶 吉田平 理事長
本日7月4日公示、21日投開票の参院選が始まった。当会でご講演下さった何名かの方々も今回、立候補されている。
政経倶楽部は「政経一体でこの国をよくしていこう」という思いで、毎回、三つの理念(共生文明の創造・高徳国家の建設・公益経済の確立)を唱和しているが、党派にこだわらず、この三つの理念を共有できる候補者を応援していきたい。
本日は、小林興起元財務副大臣をお招きした。小林先生は、ご存知の通り、長年、日本の主権回復、対米自立を訴え、政界でご活躍されてきた方だ。マスコミにもよく登場され知名度も高い。今回、政治団体グループの代表として、参院選立候補を予定されていたが、急遽、断念されたとのことだ。残念だが、またの挑戦を是非応援したい。本日は、小林先生の日本創生に対する熱い思いを語っていただけると思う。大変、楽しみだ。

■挨拶 谷口郁子 東京支部長
小林興起先生は、東京都練馬区で、昭和19年1月1日誕生された。戦時の元日生まれ=「日本の政治を背負え」との、天命を感じる。
お名前の「興起」は「日本を興して起こせ」との思いでお父様が命名された。小林少年は、幼い頃から日本復興のため政治家を目指し、中学から勉学に励み、日比谷高校から東大進学、通産省入省と政治家への道を進まれた。ところが、退官後は、当選されるまで8年の歳月を要し、当選後も激動続きでいらした。
小林先生の思いは、終始一貫、「日本の国益を守る」こと。「国益に反する米国の要求には、はっきりNO!を」ということを、訴え続けておいでだ。
詳しくは、ご著書『裏切る政治』も是非、ご一読いただければと思う。
私ごとだが、弊社は本年創立30年になる。私がモットーとしているのは、
「小さくても大きくても本物をめざしたい」ということだ。ならば、本物を見る目はどうすれば養われるのか。私も精進を続けている。政経倶楽部での学びもその一つだ。今日も、小林先生のお話から、本物の学びを得られると思う。

コメント

コメントを受け付けておりません。