政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第178回例会
令和元年10月3日(木):ルポール麹町

■太田英昭氏 産経新聞社 顧問 ジャパンフォワード推進機構 代表理事
「日本のメディアの現状・海外への情報発信の必要性」

■挨拶 吉田平 理事長
9月9日千葉県を直撃した台風15号は、房総半島南部から千葉県北東部まで広範囲に甚大な被害をもたらした。停電の長期化で、苦しんだ地域も多い。
当会会員が経営する介護施設でも、電源確保に困難を生じ、施設の方々の命にも影響が出かねない状況で困り果てていた。県など自治体の初動は鈍かった。
そこで、山田宏参議院議員に直接、ご連絡し相談したところ、すぐに動いてくださり、自衛隊からの援助で事なきを得ることができた。
「リーダーは危機のためにある」。山田先生が当会のご講演で語られた言葉をまさに実感した出来事だった。介護施設の関係者も皆、大変感謝していた。
私たちは、政経一体で何ができるか。実行が何より大事だ。今日の学びを糧に、ますます会を盛り上げて、日本創生に取り組んでいきたい。

■挨拶 谷口郁子 東京支部長
今日は、山田宏参議院議員、石井苗子参議院議員をはじめ、講師の太田様のお仕事仲間の皆様や、大学同窓でもある、“6ヶ国語を駆使する国際派落語家”三遊亭竜楽師匠にもお越しいただいて、大変華やかだ。
太田様は、中央大学出身経済人による交流会、南甲倶楽部の副会長でもあり、当会の坂間専務理事が事務局、というご縁で、本日ご講演の運びとなった。
私にとっては、太田様はフジテレビの人気長寿番組『ザ・ノンフィクション』の初代プロデューサーとして有名な方だ。
太田様は、フジテレビで、情報・報道の現場で番組制作からデジタルコンテンツ事業、人事・総務など経営全般を長く担当されてきた、まさにフジテレビの歴史を作ったお一人でもある。その後、産経新聞社の経営にも携われた。
2年前には、良識ある日本の声を世界に届けるべく、インターネット上の英語ニュース・オピニオンサイト、ジャパンフォワードを立ち上げられた。今日は、
ご講演をたいへん楽しみにしてきた。
政経倶楽部は今年15周年だ。12月7日(土)には、野田佳彦前総理大臣を迎えて記念大会も行う。こちらにも、是非ご参加賜わりたい。

コメント

コメントを受け付けておりません。