政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第181回例会
令和2年1月9日(木):ルポール麹町

■講演 林 英臣 氏 政経倶楽部連合会主席顧問・日本政経連合総研理事長

「天皇」が分かると、本当の日本が見えてくる!
そして、日本に生まれたことが、とても嬉しくなる! 令和の天皇論
■挨拶 吉田平 理事長
近年、毎年1月の東京例会では、林英臣先生にご講演を賜り大変有難く思う。正月早々に、身が引き締まる思いだ。
本日は、山田宏参議院議員にご参加頂いている。新年早々、イランとアメリカの紛争で緊迫した世界情勢だが、そのお話も山田先生にお話し頂けるかと思う。
昨年、政経倶楽部は15周年を迎え、今年は仙台支部設立を6月に行う予定だ。皆さんにもぜひご協力いただきたい。
さて、弊社は成田・東京間の1000円高速バスを運行しているが、2月1日に大手K社と共同運行を開始することになった。おかげさまで新聞、テレビ等でも多く報道された。なぜこうしたか、といえば当会での林先生の3つの基本理念(共生文明の創造・高徳国家の建設・公益経済の確立)の学びにある。事業経営をしていれば当然、他社との競争があるのだが、「世界から見て日本の表玄関である成田でどういうサービスをしたよいか」を考え抜いた結果、30年以上競争相手だった会社と組むという選択をした。もし、当会での学びがなければ、このまま戦い続けて突き進んでいたと思う。
今年も、皆さんと共に大局的に学び、一番大事な実践をしていきたい。

■挨拶 谷口郁子 東京支部長
令和初のお正月を、新しい天皇陛下のもとで迎えることができ、本日は皆様と共に、林先生の歴史的なご講演「令和の天皇論」を賜われることを嬉しく思う。
毎年1月は、林先生のお話を伺わないと年が明けた気がしない。今日は、同じ思いで、前山形県知事の齋藤弘様もご参加くださっている。
神武天皇が即位され今年は2680年目。初めての元号、大化からは約1400年。令和の時代を私たちは、どのように考え、どのように問うていけばよいのか。
今日は、林先生にたっぷりお話しいただけるかと思う。
女性天皇と女系天皇の違い等、わかっているようでわかっていないことも多々ある。皆さんと共にしっかり学んでまいりたい。

コメント

コメントを受け付けておりません。