政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第183回例会
令和2年3月5日(木):ルポール麹町

■講演 稲田 朋美 氏 衆議院議員 自民党幹事長代行 元防衛大臣
「憲法改正~今こそ歴史的チャレンジ、9条改正へ!」

■挨拶 吉田平 理事長
新型コロナウイルス感染症が世界中に蔓延し、日本でも感染拡大防止のため政府からイベント等自粛要請がある中、まずは、稲田先生にご参加の決断をいただけたこと、そして皆さんのご参加に感謝申し上げる。
開催にあたっては様々な意見があり、中止の選択もあった。しかし、理事長として、かねてより稲田先生に是非ご講演いただきたいとの強い思いがあり、まさに日本のこれからについて大事な憲法改正のご講演という機会なので、万全の対策をしての開催を決断した次第だ。
本日ご同行の稲田先生の秘書の方は、林英臣政経塾出身とのことだ。私たちの精神的支柱である林英臣主席顧問とのご縁も含めて、今日の学びに感謝し、日本創生の力につなげたい。
今、弊社では東京成田間1000円バス運行を事業展開しているが、今回の影響で2月初めには利用者が1割減り、2月27日安倍総理の小中高休校要請の発表の翌日からは4割ダウンの状況だ。観光バス事業もしているが、3月の観光バスの予約は全部キャンセルだ。だが、だからこそ、どうするかだ!観光バスの乗務員たちは給料が減るのではないかと心配していると思う。本日午後3時に全員を集めて私の決断を伝える予定だ。いかに従業員を守っていくかの正念場だ。
政経倶楽部の学びを生かし、私も努力していきたい。

■挨拶 谷口郁子 東京支部長
本日の例会開催の可否についてはさんざん悩んだが、開催にあたって皆さんにご参加いただき感謝申し上げる。
稲田先生からは、「自主開催の会は中止しているが、お招きいただいている会は出席しています」との心意気あるご回答を頂戴できたこともあり、決断した。
さて、コロナウイルス対策として、最も大事なことは自分の免疫力を上げることだ。免疫力を高くすれば保有していた菌も症状は出ない。では、どのようにして免疫力を高くするか。持論だが、「幸せだな、ハッピーだな」と感じ、幸せホルモンをいかに出すかで、免疫力が高まる。皆さんそれぞれが幸せと感じることをイメージされればよいかと思う。「一応、医療業界の谷口が言っていたな(笑)」とヒントにしていただければ幸いだ。共に、この国難を乗り切って参りましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。