政経倶楽部が綴る政治や政策提言

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第134回例会
平成28年2月4日(木):ルポール麹町

■講演 矢島(やじま) 里佳(りか) 氏 (株)和える(aeru)代表取締役
「“感性経営”の極意~日本の伝統産業で子ども用品ブランド起業!」

■吉田 平 理事長 挨拶
先月、長野県軽井沢でスキーバス転落事故が起きた。このバス会社の運行管理兼営業所長は、約10年前に伊豆半島で大型バス転落事故を起こした五日市観光の運行管理責任者だ。当時、五日市観光は国土交通省の行政処分を受けて倒産に至ったが、事故の教訓は生かされなかった。同じバス・タクシー業界に身をおく者として非常に情けない思いだ。約15年前、バス、タクシーの規制緩和があった。私は規制緩和賛成論者だが、緩和するからには公益を守る歯止めが必要だ。官僚も政治家もそこを考えないままの法体制になってしまっていた。今回のバス事故で、いかに政治と経済が一体となっていかなければならないかを痛感した。政経倶楽部の活動が、ますます重要となってくる。
1月17日の千葉日報「ちばオピニオン」欄に「交通は100年の計・千葉の未来つなぐLRT」という記事を書いた。私の夢は、LRT(次世代型低床車両を活用した路面電車)を千葉市で運行することだ。これは、千葉の政経倶楽部のメンバーと一体となって運動しているIR(統合型リゾート)誘致の一環としての活動でもあり、単なるカジノ誘致ではないIR、街づくりの中の人に優しい交通網を是非、実現していきたいと考えている。

■谷口郁子(たにぐちふみこ)東京支部長 挨拶
昨日、節分の豆まきの会で、創業260年の老舗和菓子会社の会長とご一緒だった。会長曰く、京都の同業者のお集まりでは、若手とのこと。創業260年で若手という世界に驚く。日本には、創業200年を超える会社は3500以上もある。ドイツは800社、中国は150社だそうだ。和菓子関連では、創業1000年という会社もあるとのこと。これだけ長く続く会社が多い日本には、長く続く秘訣、日本人ならではの気質があるのだ、という思いに馳せた節分の一日だった。
本日のゲスト、若きアントレプレナー、矢島里佳さんは大学4年生の3月に起業し、もうすぐ満5年。日本の伝統産業市場と、赤ちゃん・子ども市場を“和える”ことで見事な新市場を生み出し、新聞、雑誌、テレビ等メディアでも、ご活躍だ。本日は、矢島さんの感性経営の極意を伺えるのを楽しみにしている。
弊社も来年30周年を迎える。皆さんと共に、学ぶ、伝える、育てるの精神で、邁進していきたい。

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第133回例会
平成28年1月7日(木):ルポール麹町

■講演 井坂信彦氏 氏 衆議院議員 維新の党
「2016年 日本政治の展望」

■吉田 平 理事長 挨拶
新年おめでとうございます。当会はおかげさまで、今年6月で13年目に入る。
正月早々サウジアラビアとイランの国交断交のニュースがあった。直接関係ない方も多いと思うが、バス・タクシーのグループ会社を営む私にとっては、燃料がいくらになるかで経営の収益に大きな影響が出るので注視すべき事態だ。2年半前の原油価格が約100ドル時代から今は30数ドルなので、私共にとって今はラッキーな環境下にあるが、自社の経営を足元からしっかりした上で日本を良くしようという活動を今年も続けていきたい。
当会は、経営者の方のお話や、日本の原点や歴史の学びを大事にしているが、勿論政治家の方のお話も聞こうということで本日は、維新の党の井坂信彦議員をお招きした。井坂氏は、田原総一朗氏主宰の議員評価NPOから最高位「三つ星賞」(最も活動量が多かった国会議員の一人)を2年連続で受賞されている。
みんなの党、結いの党、そして維新の党、と所属政党も変わる中で地元、神戸市での活動も大変な中、非常に頑張っておられる。今日は、我々経済人が共に政治を良くしていくための示唆となるお話が伺えることを楽しみにしている。

■谷口郁子(たにぐちふみこ)東京支部長 挨拶
本日は、林英臣主席顧問はドイツ外遊中で残念ながらご欠席だが、昨年末、本部役員は、ここルポール麹町にて一泊し林先生の研修を受けた。
政経倶楽部の3つの理念「共生文明の創造」「高徳国家の建設」「公益経済の確立」について林先生のご講義後、各々が経営者また個人として3つの理念をどう追求していくか1時間発表、他メンバーからコメントを得て、林先生から叱咤激励を受ける、という濃密な研修だった。
僭越だが、私の発表をご披露したい。まず「共生文明の創造」。医療介護福祉事業を営み26年になるが、東洋医学と西洋医学を融合した統合医療を目指す。
次に「高徳国家の創造」。世界一長寿の日本女性が高徳を学び続けて広めていく。その先頭に立つ。「公益経済の確立」、独自の地元における地域包括ケアシステムを構築する。そして「誇り高き経営者とは徳を積んでいかねばならないのだ」という思いに達した。これを目指し、本年も日々精進していきたいと思う。
今日は新春にふさわしく、その林英臣政経塾1期生の井坂信彦衆議院議員をお招きでき大変光栄だ。本年も、学ぶ、伝える、育てる、の精神で臨みたい。

一般社団法人政経倶楽部連合会第132回・千葉県支部第60回例会
平成27年12月5日(土):ルポール麹町

■講演 西 鋭夫 氏  スタンフォード大学フーヴァー研究所教授
「明治維新・英国の操り人形」

■挨拶 吉田平 理事長
本日は、西鋭夫先生を講師にお招きした。過去2回「國破れてマッカーサー~憲法九条は愛国心の墓か」、「真珠湾とは~敗戦は100年続くのか」で我々は大きな衝撃を受けた。アメリカの機密文書(30年後に公開)の研究を基にした西先生のお話は重みが違う。今日は明治維新の根幹について、皆さんの常識を覆すショッキングな内容かもしれない。歴史の真実を知ることで、自身の会社経営、日本が向かうべき方向について、一緒に考えていければと思う。

■挨拶 谷口郁子 東京支部長
本年最後の例会に、西先生、そして山田宏先生をお迎えでき大変喜ばしい。
西先生の忘れえぬ言葉がある。それは3年前のご講演でのフレーズだ。
「アメリカの大統領は、演説で必ず使う言葉がある。“Our great country”,
“ Our great nation”, “Our great people”。日本でこの70年間、私たち国民を、“偉大なる国民”と言ってくれた首相がいただろうか?」と先生はおっしゃった。
今日も熱いお話を期待している。皆さんと共に学べることを有り難く思う。

■挨拶 山本克己 千葉県支部長
先日、当会の会員仲間と東北の花巻温泉へ出かけた。レンタカーで被災地の復興の様子を見学した帰路のこと。70代の仲間が、運転を交代してくれた時、初めての経験をした。“逆走”だ。高速インターを降り誤って反対車線に進んでしまった。幸い私がすぐ気づき「間違っているよ」と叫んで正しい道に戻れた。
当会は本日132回目となる。日本がもし逆走していたなら「間違っているよ」と言える自分でありたい。その為にも、今日の西先生のお話で学びを深めたい。

■謝辞 寒竹郁夫 ファウンダー(西先生ご講演後)
今日の西先生のお話はショックが大きい。私は司馬遼太郎で歴史を学んだ。司馬史観とは“明治は明るく戦前の昭和は暗黒だった”というものだろうか。私自身、これまで明治維新を肯定的にのみ語ってきたが考え直さねばならない。
一つ心配なのは、日本にとっての“アヘン”は国債ではないかということだ。今、日銀が国債を直接引き受けている。アベノミクスが崩壊したら円は大暴落、日本企業は外資に凌駕されてしまう。ご講演を聞き、そんな思いにも至った。

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第131回例会
平成27年11月5日(木):ルポール麹町

■講演 福留(ふくどめ) 強(つよし) 氏 NPO法人 全国生涯学習まちづくり協会理事長
「エコミュージアム 地方創生構想」

■吉田 平 理事長 挨拶
政府は、本年2015年を「地方創生元年」と位置づけている。そこで、本日は、内閣府地域活性化伝道師としてもご活躍の、福留強先生を講師にお招きした。
今、紅葉シーズン真っ盛り。観光バス事業を営む弊社も、1番忙しい時期だ。
2020年までに海外からの観光客2000万人との国家目標は今年中にも達成する勢いだ。東京オリンピック時には3000万人という時代を迎えるかもしれない。
先日、韓国で安倍総理と中韓の3首脳会談があったが政経一体を強く感じる。
関西の友人は、親中、親韓で知られる自民党の二階俊博総務会長と縁があるが、二階氏は1000~5000名規模で中小企業経営者を引き連れて中韓を訪れている。まさに政経一体だ。私たち中小企業経営者の一人一人が、今後ますます学びを深め行動していかなければならない時代であることを痛感する。
政経倶楽部も10年を経て、今後、どういった提言をして行けるかということを含めて、今日も皆さんと学びを深め実践に活かしていきたいと思う。

■谷口郁子 東京支部長 挨拶
本日のご講演テーマは、安倍政権の重要課題の一つである「地方創生」だ。
「このテーマならこの方しかいない!」ということで、福留先生をお招きした。福留先生とは、小泉政権時の内閣府の委員会でご一緒させていただいて以来、地方のまちづくりフォーラムで対談をするなど、長年、ご指導を仰いでいる。
地方創生大臣の石破茂氏は、いつもこうおっしゃっている。
「東京で錦を上げるという考えではなく、地方で志を果たすという新しい社会モデルを作っていかなければならない」と。
経営者の一人として私はこう思う。「人がいて、町があって、仕事ができるのではなく、まず仕事があって、人が集まり、町ができる」と。こんな地方創生モデルができればいいと考えている。
少子化の問題は深刻だ。このままでは、絶滅危惧種・日本人となりかねない。今、1人の日本人女性が2人の子供を産める環境が整えば、なんとかなるそうだ。この5年が勝負だと石破大臣はおっしゃっている。
福留先生は、地方創生のための、宝石のようなアイデアやヒントをたくさんお持ちの方だ。今日の学びを生かし、地域創生から日本創生につなげたい。

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第130回例会
平成27年10月1日(木):ルポール麹町

■講演 寺岡(てらおか)賢(まさる)氏  公益財団法人 修養団講師
「美しい心、日本の心」

■吉田平理事長  挨拶
本日は、10月1日。新入社員の内定式を行う企業も多い。弊社も今年2名の新入社員を迎える。新たな気持ちで頑張りたいと改めて思う。
本日は前衆議院議員の山田宏先生にも急遽お越しいただいた。先週の報道で、山田先生の来年夏の参議院選挙出馬(比例代表全国区・自民党公認)を知った。
先生には、これまで東京のみならず各支部でもご講演を頂き、今年1月にも「日本よい国構想2015~誇りをもって自らの天分を活かせる国へ」という演題でご講演頂いた。参院比例代表全国区ということは全国どの選挙区においても私たちは「山田宏」と書けるわけだ。是非国会に戻られ活躍していただきたい。
さて、きょうは1冊の本をご紹介したい。
『目に見えない資本主義~貨幣を超えた新たな経済の誕生』(田坂広志著・
2009年7月、東洋経済新報社刊)だ。一節を読み上げたい。
【そもそも、サブプライム問題やGMの破綻という問題は、経営者が「株主の短期的利益」の増大を性急にめざすあまり、「株主の長期的利益」を決定的に壊してしまった過ちではなかったのか。それは、「金融資本」という「目に見える資本」の増大を過剰にめざすあまり、信頼資本や評判資本、文化資本といった「目に見えない資本」を、決定的に壊してしまった過ちではなかったのか。それらは、企業経営において、「目に見える利益」と「目に見える資本」のみを見つめ、「目に見えない利益」や「目に見えない資本」を見ようとしなかった結果、起こった過ちではなかったのか】
2009年出版なのでサブプライムローン問題やGMが出てくるが、ここをフォルクスワーゲンに置き換えて読むとタイムリーに考えられる。今回のフォルクスワーゲンの排ガス不正問題は、ドイツの国家の信用を揺るがす大事件だ。
私たちは、林英臣先生のご指導のもと、「公益経済の確立」を目指しているが、まさに、資本主義の次を考えることは、今後の企業経営の中で大切なテーマだ。
本日のゲスト講師、寺岡賢先生には、三重県伊勢市からお越しいただいた。寺岡先生のご講演は3回目となるが、日本の大元の大事な部分を語って頂けて、毎回、感動と共に、企業経営者として大きな学びをいただいている。本年当会で出版した『経営者のための「日本の心」入門講座』にも過去2回のご講演抄録を掲載させていただいている。今日も、皆さんと共に学びを深めたい。

一般社団法人政経倶楽部連合会第129回例会
平成27年9月3日(木):ルポール麹町

■講演 森川(もりかわ) 亮(あきら) 氏 C Channel(株)代表取締役社長・LINE(株)顧問
「イノベーションが起こる組織文化とマネジメント」

■吉田平理事長 挨拶
今日は夜の例会で、森川亮社長をお迎えし、初参加の方も多くありがたい。
先週、中国四川省の西安市に行ってきた。ここ数週間、株価が上下して、中国経済は相当厳しいと報道されている。しかし、今回実際に中国へ行ってみて、“自分たちの生活をよくしていきたい”という中国人のエネルギーは日本の比ではないということを強く感じた。金融的な問題はあるかもしれないが、国全体の力としては、中国のエネルギーはまだまだ十分にあると感じた。
私は、ガラケーを使っており時代遅れの感はあるが、今日は、森川社長から示唆に富むお話を伺えるのを楽しみにしている。

■谷口郁子東京支部長 挨拶
今日は、森川社長をお招きし、田嶋要衆議院議員にもお越しいただいている。
森川社長は「日本のためにまずは若者を元気にしよう」と今春、起業された。
私は、スマートフォンを利用しており、社員とはLINEでやりとりしている。なぜかというとLINEで「がんばって」「いいね」などのスタンプを使うと
やわらかく伝わり、社員達からも悩みやぼやきなど本音が聴けるからだ。実に画期的なコミュニティ手段で、開発された森川社長は素晴らしいと思う。
初のご著書『シンプルに生きる』も11万部突破とのこと。今日は、ここだけの話をたっぷり伺えるのが楽しみだ。

■寒竹郁夫ファウンダー 謝辞(森川亮氏ご講演後)
大変興味深いご講演だった。スピードが大事というお話があった。1年ほど前、富士通に勤めている同級生から、「これからはLINEの時代だ」と言われた。程なく、家族全員が友だちとLINEでやりとりするようになり、ITのスピードは凄いと思った。中東からブレイクしたという話もあった。弊社も4年前ドバイに歯科医院を開業したが、多国籍の外国人従業員同士が喧嘩ばかりして、なかなか上手くいかない。どうしたらよいものかと思いながらお話を伺った。
変化へ対応は、感性が大事だ。森川社長は音楽でそれを磨かれのだと思った。
感性の鋭い経済人と政治家が組んで、日本を抜本的に良くしようという思いで政経倶楽部は行動している。森川社長とも機会があれば、是非仕事がしたい。

一般社団法人政経倶楽部連合会128回例会
平成27年8月6日(木):ルポール麹町

■講演 山本幸三氏 自由民主党 衆議院議員
「アベノミクスの今とこれから」

■吉田平理事長  挨拶
本日は、広島原爆投下の日である。昨年、政経倶楽部の広島支部が誕生した。当会は、旧来の一方的な歴史観ではなく、日本の伝統文化を基にした歴史観を培うべく学びを続けているが、念願の広島支部発足を、今日改めて感謝したい。
本日は、アベノミクスの提唱者の山本幸三先生をお迎えしている。出会いは今から3年半前、平成24年1月まだ民主党政権時に、福岡で『円高・デフレを脱却する方策』と題してご講演いただいた。その時先生は、日経新聞の「日銀当座預金残高」を見ていればすべてがわかります、とおっしゃられていたが、その後、安倍政権になり、一挙に株価が上がり、今、約2倍以上になっている。
アベノミクスの好調で、日本の経済は上向き全体の給与水準も上がる方向だ。私の友人の関西のバス会社経営者は、バス運転手の給料を、今年4月に50万円賃上げし、年収450万から500万円とした。
山本先生には、3年半前の福岡、2年前の千葉に続いて、今日は東京でご講演いただけることは本当に有難い。我々経営者にとって大きな学びとなると思う。

■谷口郁子 東京支部長 挨拶
猛暑日が続き、きょうで7日目だ。猛暑の中、お集まりいただきありがたい。
当会は何かのタイミングでの開催となることが多い。今朝は、間もなく広島原爆投下の時刻を迎える。広島支部の佐藤支部長は、原爆記念式典の実行委員のため、本日の例会は欠席だが、その思いを皆様と共有したい。
さて、本日ゲスト講師の山本幸三先生は、アベノミクスの提唱者として大変有名だが、とてもダンディで、今日もピンクのネクタイが素敵だ。明後日、8月8日お誕生日を迎えられ、ますますのご活躍を頼もしく思う。
今日は、九州政経倶楽部の毛利支部長もお見えだ。毛利支部長は、山本先生の小中高の後輩で、なおかつ中学生時代には、山本先生のお姉様に英語を習われていたというご縁だ。当時から幸三先生は勉強熱心の方でいらしたとのこと。
山本先生は「経済は政治を動かす」とアベノミクスを安倍首相に提唱された。今日は、たっぷりお話を伺うのを楽しみにしている。皆さんと共に、学ぶ、伝える、育てる、の精神で今日もおおいに学びたい。

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第127回例会
平成27年7月2日(木):ルポール麹町

■講演
SOLAIREソレア
ブルームベリーリゾーツジャパン(株)代表取締役社長   北條 猛 氏
ブルームベリーリゾーツ(株)企業開発部長   ジェイソン・ディーン氏
ブルームベリーリゾーツ(株)ジャパンデスク       桐山満啓 氏
「日本でのIR開業の魅力」
※IR=Integrated Resorts カジノを含む統合型リゾート

■吉田平理事長 挨拶
本日は、IR(統合型リゾート)の世界的オペレーター、ソレアの気鋭の経営陣をお招きした。始まりは今から4年前、寒竹ファウンダーと会員のフォルムの松本社長と幕張ワールドビジネスガーデンから千葉の海を見つめていた時のこと。「マリンスタジアムはあるものの海は真っ暗」、「こんなにいい場所なのに海を活用していない」「是非IRを幕張に誘致しよう!」と3人で盛り上がった。
政経倶楽部は単なる勉強会ではない。行動に意味がある。
当時、IRの候補地として大阪、北海道、沖縄の名前が出ていた。我々はマイナスの立場からIRの勉強を始めた。その活動の中で今年3月に、マニラのIRも見学し、ソレアとの出会いがあった。ただ単にお金さえ儲ければいいのではないというソレアの理念にも共感し、本日、ご講演をお願いした次第だ。
IRは、文化面も含めて経済的に、日本を新たなステージに向けていく好機となる。是非、皆さんと共に学んで、行動して行きたい。

■谷口郁子東京支部長 挨拶
当会10周年記念出版、『経営者のための「日本の心」入門講座』が完成した。先月、東京千葉合同例会でお披露目し、会員の皆様にはご送付済みだが、大変好評を博している。是非、多くの方々に広めていただき会員増加につなげたい。
本日は、IRについてのご講演だ。私はまだまだ勉強不足だが、これまでに、世界各地のIRに足を運んでいる。次はマニラにも是非行きたい。
IRはあくまでもコミュニティ、まちづくりの一環になるのではないかと私は思っている。ソレアは、拝金主義ではなく、あくまでもパートナーを求めて共に活動することを願っているとのことで、今日のお話は大変興味深い。
今日も、皆さんと共に多くの学びを頂けることを楽しみにしている。

一般社団法人政経倶楽部連合会第126回・千葉県支部第54回例会
平成27年6月17日(水):ホテルグリーンタワー幕張

■講演 林 英臣氏  政経倶楽部主席顧問・日本政経連合総研理事長
「松下幸之助はこう語った!」
~そのオーラに直に触れた1期生が語る とっておきの話~

■挨拶 山本克己 千葉県支部長
今朝、弊社の会社説明会で、20代の若者に「松下幸之助を知っているか」と聞いたところ5人中3人が知らなかった。大変残念だ。今日は、直弟子として薫陶を受けられた林先生から身に沁むお話が伺えると思う。教えを身につけるには人に話すことが一番効果的だ。「政経倶楽部でこういう学びをしたんだよ」と多くの人に伝え、自分の為、ひいては会員増強にもつながれば有難い。

■挨拶 谷口郁子 東京支部長
おかげさまで当会10周年記念の本、「経営者のための「日本の心」入門講座」ができあがった。感動講演抄録ということで、林先生の「佐藤一斎」のご講演も収録している。多くの方にご覧いただき、思いを共有できればと願っている。
先日、韓国経済界の方々と第2回親善交流会を開催した。総勢25名で夕食会と翌日有志でゴルフをした。この民間経済人交流を日韓友好につなげたい。

■謝辞 吉田平 理事長 (林英臣先生ご講演後)
林先生のご講演を伺い、「自分自身の魂を奮わせる師を持つことの幸せ」を、今、改めて感じている。当会基本理念の「共生文明の創造」「高徳国家の建設」「公益経済の確立」の具体性も見えてきた。私自身は今年55歳となった。弊社グループ会社は今年創業50年となる。100年、1000年と続いていける会社を目指し、今後も林先生のご指導のもと、当会の学びを道しるべとしていきたい。

■謝辞 齋藤弘氏 前山形県知事 当会幹事 (林英臣先生ご講演後)
松下幸之助氏が94歳でお亡くなりになったのは平成元年、今日は約30年近くの時を経て、幸之助氏が蘇ってお話しくださっているような思いがした。
至福の時間だった。
私はこれまで「法治国家」日本を誇りに思っていた。だがその上には「礼治」と「徳治」があり、さらなる上を目指さねばならないことを、今日学んだ。
昨年の例会で、野田前首相は「10年続けば偉大なり。20年続けば恐るべし。30年続けば歴史となる」と話された。その中国格言は「50年続くと神の如し」と続く。“神の如し”を目指すべく、林先生に今後も叱咤激励をお願いしたい。

一般社団法人 政経倶楽部連合会 第125回例会
平成27年5月7日(木):ルポール麹町

■講演 岡田幹彦氏  歴史人物研究家・日本政策研究センター主任研究員
「西郷隆盛」

■挨拶 吉田平 理事長
連休明けの早朝より、大勢の皆さんにご参加いただきありがたい。
本日ご出席の会員の伊藤寛さんが、先月の統一地方選の習志野市議会選挙で、3期連続トップ当選された。将来の習志野市をしょってたつ期待の人材だ。
先月、寒竹ファウンダーと坂間専務理事と仙台で、仙台支部立ち上げの協力者の方にお会いした。そこで靖国神社の話になり、靖国神社には官軍側の兵士は祀られているが、一方の会津藩士は祀られていないことを、初めて知った。
戦死した時に反政府側なので祀られていない、つまり戦没者すべてが祀られているわけではないということだ。歴史の真実を知ることの大切さを痛感した。
連休中、私は部屋の整理をし、蔵書の半数を捨てた。しかし、『乃木希典』や『東郷平八郎』等の岡田先生の本を含む歴史の本は捨てることができなかった。
今日、日本の改革の原点とも言える西郷隆盛を学べることは、当会にとって非常に意味のあることだ。共に学んで行動して行く思いをあらたにしたい。

■挨拶 谷口郁子 東京支部長
4月29日(現地時間)、安倍総理が歴代総理として初めて、米議会上下両院合同会議で演説された。演題は、「希望の同盟へ Toward an Alliance of Hope」。歴代総理とスタンスは変わらず、しかし、謝罪という言葉は使わず、「痛切な反省、deep remorse」という大変神経を使った表現をされた。謝罪がなかった、お詫びはなかった等の意見もあった中で、このdeep remorseで表現されたことにいろいろ感ずるところがあった。また「紛争下、常に傷つくのは女性であり、私たちの時代は女性の人権が侵されない世の中を実現しなければいけない」との言葉も印象に残った。
本日のご講演テーマは西郷隆盛。岡田先生講演の真骨頂の演題だ。
もし、西郷隆盛が米国でスピーチしたら、または、安倍首相の『希望の同盟へ』に対して西郷さんならどんな事を考えるだろうか等々、ふと思った。
岡田先生のご講演を間近で拝聴し、いつも私は感動に胸が震え、うるうるとなってしまう。先生の歴史人物に対する感動や尊崇の思いが熱く伝わってくる。
今日も皆様と共に、「学ぶ、伝える、育てる」で、参りましょう。