一般社団法人政経倶楽部連合会
政経倶楽部 大阪支部

政経倶楽部連合会 【大阪支部】 第122回 設立10周年記念例会(11/26 金)のご案内

日時:2021年11月26日  開会:18時30分~20時30分 (開場:18時00分(※Zoom待機室開放:18時15分))
会場:大衛株式会社 amethyst 5階会議室(アメジストビル) 大阪市都島区都島本通2-2-16 TEL:06-6924-0495 地下鉄谷町線「都島駅」下車 南へ徒歩5分・JR環状線「桜ノ宮駅」下車 東方向へ徒歩7分 ※【アメジスト】と書かれた紫色のビルの5階です
URL:http://www.amethyst.co.jp

講演:政経倶楽部連合会 【大阪支部】 第122回 設立10周年記念例会(11/26 金)のご案内


講師:松川 るい 氏 自由民主党 参議院議員 防衛大臣政務官兼内閣府大臣政務官

演題:新ステージに入った米中対立 日本の外交の指針を語る



中国は海警法を施行し、尖閣諸島等における外国の公船に対する武器の使用を認め、日本近海の安全性は損なわれる一方です。
新疆ウイグル自治区・チベット・香港における人権弾圧はEU諸国等から経済制裁があるにも拘わらず、一向に収まる気配がありません。
韓国においても徴用工判決・慰安婦財団解散等、ますます反日の色を強めています。
これらの外患に対応する為、日米同盟の必要性はますます高まっています。
バイデン政権が誕生した今、トランプ政権との違いを認識し、日本の国益に適う外交指針を国民も知らなければなりません。
外交官から政治家に転身し、混沌とする世界情勢の中で活躍する松川るい政務官より最新の情報をお聴きできる貴重な機会となっております。
5月度例会から延期となった「大阪支部設立10周年記念例会」ですので皆様、お誘い合わせの上、奮ってのご参加をお待ちしております。

※今回の大阪支部設立10周年を記念し全国の会員・ビジターの皆様には無料にてZoom中継を行います。
 詳細は別項に記載してございますので、是非ご参加下さい(中継は視聴のみとなり質疑等は出来ません事を予めご了承下さい)。



【松川 るい 氏 プロフィール】

昭和46年奈良市生まれ。平成5年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。
条約局法規課課長補佐として、ミナミマグロ国際裁判で勝訴、アジア大洋州局地域政策課課長補佐としてタイやフィリピン等とFTA交渉、軍縮代表部一等書記として軍縮交渉を担当。
総合外交政策局女性参加推進室長として国際女性会議「WAW!」を立ち上げる。
平成28年同省を退官し、7月の参議院選挙において大阪選挙区より自民党公認候補として初当選、現在に至る。



【会場ご参加について重要なお知らせ】

・会場でのご参加は「マスク着用必須」となります~感染防止のため対策を徹底をしてまいりますのでご参加の際に皆様のご協力をお願い致します


【Zoomご参加について重要なお知らせ】

・「会員、ビジター限定 Zoom」でのご参加は『無料』となります

・ご参加お申込みは「Eメール返信フォーム:Zoomでの参加」をご選択下さい

・上記の方法でご出席回答を頂いた方にはご参加用URL・ID・パスコード等を「開催前日:11月25日(木)」までに当会から【Eメール(自動配信)】にてご案内致します

・上記URL等はホームページ上では表記されませんのでご注意下さい(Eメールでの配信のみ)~また、開催当日にURL等のお問合せは対応出来ません事を予めご了承下さい

・上記URL等を第三者に情報提供する事を禁じます(法人会員様はご本人を含め2名までご参加可能、一般会員様は代理の場合1名まで可能、ビジター様はご本人のみご参加可能)

・当日の録画及び録音やSNS等へのアップロードを固く禁じます

・Zoomに関する(システムや使用方法等)お問い合わせはお受け出来ません事を予めご了承下さい

・ご参加は例会中継(映像と音声)のみとなります~質疑等は出来ません事を予めご了承下さい

・Zoomご参加の方はホスト(主催者)側で「ミュート(消音)」設定をした状態でのご入室となります事を予めご了承下さい

・開催中は緊急時以外、チャットやメール及び電話等で個別にホスト(主催者)への打診はご遠慮下さります様、お願い致します

・円滑に運営するため上記以外でもオンライン講演のマナーを遵守して頂きます様、ご協力をお願い致します

新ステージに入った米中対立 日本の外交の指針を語る


会費:会員:2,000円 ビジター:3,000円 学生:無料 ※Zoomでのご参加:無料(会員・ビジター限定)

<政経倶楽部連合会事務局・連絡先>
〒540-0004 大阪市中央区玉造2-3-17アルマヒル4F TEL 070-6923-5866  菊池 哲也
http://www.seikei-club.jp   kikuchi@eisei-kousya.jp