一般社団法人政経倶楽部連合会
政経倶楽部 名古屋支部

政経倶楽部連合会【名古屋支部】 第119回例会(2/17 木)のご案内

日時:2022年2月17日  開会:18時30分~20時45分 (開場:18時00分)
会場:ウインクあいち 〒450-0002  愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38 TEL 052-571-6131 (名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分)
URL:http://www.winc-aichi.jp/

講演:政経倶楽部連合会【名古屋支部】 第119回例会(2/17 木)のご案内


講師:荒木 和博 氏 予備役ブルーリボンの会 代表・特定失踪者問題調査会 代表

演題:末期の文在寅政権・金正恩体制〜日本はどうやって拉致被害者を救出するか



明けましておめでとうございます。今年も政経倶楽部名古屋支部をどうぞよろしくお願い致します。
2月度例会は、特定失踪者問題調査会代表の荒木和博先生をお招きして「日本はどうやって拉致被害者を救出するのか」、北朝鮮・韓国問題などを絡めて講話をいただきます。
今のままでは拉致問題は風化してしまうのでは?日本政府の交渉の進捗状況は?など知りたいことを沢山お聞き出来るチャンスです。
1人でも多くの方々に聞いていただきたい講話です。皆様のご参加お待ちしております。



【荒木 和博 氏 プロフィール】

昭和31年東京生まれ(65歳)昭和54年慶應義塾大学法学部政治学科卒。
民社党本部書記局で教育・広報・青年運動などを担当。
平成6年民社党解党に伴い退職し、現代コリア研究所研究部長を経て、平成9年拓殖大学海外事情研究所専任講師。
その後助教授を経て平成16年に教授(現職)。
平成8年から北朝鮮による拉致被害者救出運動に関わり平成12年北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会事務局長)に就任。
平成15年特定失踪者問題調査会設立いともない代表に就任(現職)。
平成15年から平成30年まで予備自衛官(技能公募)。
平成21年から予備役ブルーリボンの会代表(現職)。

◎著書『自衛隊幻想』(共著・平成28年・産経新聞出版)、『不条理とたたかう』(共著・平成29年・文藝春秋)、『北朝鮮の漂着船』(平成30年・草思社)他多数。

◎ブログ 「荒木和博ブログ」http://araki.way-nifty.com/araki/



【お知らせ】

・ご参加は「マスク着用必須」となります~新型コロナウイルス感染防止のため様々な対応をしてまいりますのでご協力をお願い致します。


末期の文在寅政権・金正恩体制〜日本はどうやって拉致被害者を救出するか


会費:会員:2,000円 ビジター:3,000円 学生・Zoom:1,000円

<政経倶楽部連合会事務局・連絡先>
http://www.seikei-club.jp   sunflowermichi1977@gmail.com   
事務長 山本 道代 TEL:090-9185-3827